砂風呂の異変

「へえ、相済みませんです」 それから藤三親分は、帆村にいろいろと仲間の習慣の話や、縄ばりのこと、持ち場などについて、こまごました注意を与えたのち、「さあ、これは今夜の、わしからの引出物や。これを一枚、お前にやる」 と云って、一枚の紙札をくれた。 帆村が何だろうと思ってみると、それは新別府温泉...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:20 pm  

まるで坊やとのお約束みたいです

「それからもう一つはなア、一日に一度だけは、うちへ電話をかけとくんなはらんか。そうしたら、うち安心れて睡られます。よろしまんな」「はッはッ、まるで坊やとのお約束みたいですが、たしかに承知しました。ではこれで、僕はかえります」「あら、もう帰ってだすの。まあ、気の早い人だんな。いま貴郎《あなた》のお...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:20 pm  

地下に潜る

「呀《あ》ッ。わかりましたよ。その田鶴子という派出婦は、もう二度とこの家にかえってきませんよ」「なぜだい」検事が聞いた。「いや、その田鶴子という派出婦は、蠅男の情婦のお竜《りゅう》が化けこんでいたに違いありません。蠅男では、到底《とうてい》入りこめないから、そこでお竜が化けこんで、秘密倉庫のなか...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:19 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0111 sec.

http://rpgfiles.net/