この奥にある砂風呂のこと

 と帆村がいうと、楢平は指をさして、「新別府ちゅうのは、この奥にある砂風呂のことや。そのわりに流行ってえへんけれどなあ。よかったら行ってみなはれ。ええ女子がおって、あんじょう砂をかけてくれるがな」といった。 帆村は妙な気になった。 今夜からいよいよ死闘だと覚悟していたのに、それがこんな風に呑気《のんき》に浴場に入って汗を流せるなんて、夢のような話ではないか。 しかし実をいえば、帆村もまた大阪人に負けぬくらい風呂好きであった。別府式の砂風呂と聞いては、もうじっとしていられなかった。楢平をプールに残しておいて、彼はその砂風呂のある別館の方へ手拭片手にノコノコと歩いていった。 なるほど別館建てのこの砂風呂は、思ったよりお粗末だが、ともかくも別府を模倣して、およそ二十畳敷くらいの一室全部を綺麗な砂で充たしてあった。そして、中には湯気がモヤモヤとたれこめていて、電灯がほの暗かった。 中はガランとしていた。 ただ一人、あまり上手ではない浪花節を、頭の天頂《てっぺん》からでるような声でうたっている客があるきりだった。「――※[#歌記号、1-3-28]わざとよろめき立ち上り、心は後にうしろ髪、取って引かるる気はすれどオ。気を励ました内蔵助《くらのすけ》エ、――」 と、うたうは南部坂《なんぶざか》雪の別れの一節だった。この節は、頗《すこぶ》る古い節まわしだった。このうたい手は、砂の中から首だけだして、向うの壁に向いたまま、真赤になって唸っているのだった。 帆村は、これも奥へよったところを選び、両手で砂を掘って穴をこしらえていった。砂を掘ると、あとから湯がドンドン湧いてきた。彼はほどよい穴をつくると、そのなかにボチャンと身体をつけた。なかなかいい気持であった。 相客はまだ浪花節をうなりつづけていた。

— posted by id at 03:21 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1954 sec.

http://rpgfiles.net/