砂風呂の異変

「へえ、相済みませんです」 それから藤三親分は、帆村にいろいろと仲間の習慣の話や、縄ばりのこと、持ち場などについて、こまごました注意を与えたのち、「さあ、これは今夜の、わしからの引出物や。これを一枚、お前にやる」 と云って、一枚の紙札をくれた。 帆村が何だろうと思ってみると、それは新別府温泉プールと書いた一枚の入浴券であった。「へえ、どうもこれは、――」「今夜入ってきたらええやないか。そこは十日ほど前に建った大浴場兼娯楽場や。もちろんぬかりはあらへんやろが、わし等の行く時間は、午後十二時を廻ってからでやぜ。忘れんようにな。楢平にも、これを一枚やる」 親分は二枚の入浴券を下された。 帆村にとっては、甚《はなは》だ迷惑なことであった。そんなことよりも、早く蠅男の所在を探したいのだった。だが親分さまからの折角の下され物である。行かねば、後の祟《たた》りの恐ろしさも考えねばならない。やむなく帆村は、その新別府温泉プールなるものに、楢平とともにでかける決心をした。 だが、まさか其処《そこ》に、たいへんなものが待ち構えていようとは、ついぞ気がつかなかったのである。

   砂風呂の異変

 楢平と帆村とは、恐《おそ》る恐《おそ》るその新別府温泉プールの入口へ切符を出してみた。 プールでは、なんと思ったか、たいへん鄭重《ていちょう》に二人の入来を感謝してくれた。それも一に藤三親分の偉力《いりょく》のせいであろうと思われた。 裸になって浴場へ足を入れてみると、なるほどこれは、入浴ずきの大阪人でなければ、ちょっと出来そうもない広大なる共同浴場であった。その中央に、大理石で張りめぐらされた直径十メートルの円形のプールが作ってあった。そのまわりも広い大理石の洗い場になっていて、そこに二、三人の人たちが広々と両手両足をなげだして、湯にのぼせた身体をひやしていた。「どこが新別府なんだろう。プールは別に別府らしくも何ともないじゃないか」

— posted by id at 03:20 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1720 sec.

http://rpgfiles.net/