帆村の推理

 蠅男が近所に潜《ひそ》むという帆村の推理に、村松検事も賛成の意を表した。 それではというので、すぐさま捜査隊が編成せられて、一行は直ちに鴨下ドクトル邸に向った。 厳重な捜査の結果、帆村の云ったとおり、はたして秘密倉庫が地下に発見せられた。それは、勝手許の食器棚のうしろに作られていたもので、ボタン一つで、自由にあけたてできるようになっていた。 一行は、いまさらのように愕いたが、中に入ってみて二度びっくりした。倉庫の中には、まだ五つ六つの爆弾やら、蠅男が使ったらしい工具や材料が一杯入っていた。「さあ、そういうことになると、蠅男はどないして、ここへ出入したんやろ。そいつを調べなあかん」 正木署長は俄《にわ》かに奮《ふる》いたって、取調べを始めた。カオルも山治も、蠅男らしい人物がこの家に出入していない旨を誓った。 警戒中の警官も、同じことを証言した。 お手伝いさんが一人と、派出婦が一人といるが、お手伝いさんも知らぬと答えた。このお手伝いさんは城の崎の在から来ている人で、先日まで近所の下宿で働いていた身許確実な女だと知れた。 派出婦は、生憎《あいにく》外出していた。これは身許もハッキリしていなかった。年齢の頃は二十三、四。名前は田鶴子《たずこ》といった。顔は丸顔だという。「田鶴子――というんだネ」 この田鶴子なる派出婦は、一行が到着する直前、ちょっと薬屋に買物にゆくといって出ていったそうだが、それがなかなか帰って来なかった。そこで警官の一人を、その薬局へ派遣して調べさせることにした。 間もなくその警官が帰ってきて、「近所の薬屋を四、五件調べてみましたんやけれど、どの家でも、そんな女子は来まへんという返事だす。けったいなことですなア」 帆村はそれを聞くと、ポンと膝を叩いた。

— posted by id at 03:18 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2442 sec.

http://rpgfiles.net/